福岡・WEB制作・印刷全般・撮影・PCレクチャー/PCでお困りの方・トータルプロモーションのことなら(有)FEWへご相談ください。s

ピンチはチャンス!

小説や漫画ではピンチの後にチャンスが来て逆転してスッキリする。
半沢直樹も下町ロケットもドラゴンボールもそういう流れになっている。
ヒーロー物も、名もない者が立ち上がり、修行して、成長を経て仲間と出会い、ある日突然ウオオオオオ!と言う叫び声と共に覚醒する。ヒーローズジャーニーの始まりである。
現実はなかなかそうもいかないと思うのだが、事実は小説より奇なりともいう。
今、人類にとってのピンチである。これほどよく練られた人間社会がコロナという大洪水に襲われている真っ最中!まさにヒーローが必要だーと医療従事者をヒーロー扱いしたら「迷惑だからやめてくれ」と言われる。悪意はないのだが、「忙しいのに勝手に盛り上がんなよ!」ってことだろう。確かに戦争状態の現場からすると迷惑な話である。

さて、あなたはここで「何を」する?

今まさに、黒田官兵衛が信長が討たれた時に秀吉に「殿チャンスです」とささやいた時のような状況です。

官兵衛の代わりに僕がささやきましょう。「皆さんチャンスです」

もちろん、仕事で外出もしにくいし、不要不急の外出は避けたいところ。
「暇だなぁ〜」ってゴロゴロするか?サラリーマンで家にいたらそうなるね。奥様からは「ゴロゴロするな」だの「掃除手伝え」だのいつもの休みより増したプレッシャーがかかる。
自営業者だと尚更!それに経営のプレッシャーがかかる、何かしたいけど先が見えないから今大金を使って何かを始めるのも難しいしなぁと考える。真っ当な考えだろう。

失敗したらどうするとか、パソコンなんて触ったこともないという方もおられることでしょう。大金はたいて今カート作っても騙されるかも!って不安はいっぱい。

しかしながら、人間の社会というのは人間が作り出したもの、自分の周りの環境は自分で作り出したもの、つまり自分で思い描けば如何様にでも変えていけるものでもあります。

サイトやらSCやらは道具(アイテム)の一つでそれをどう使うかは使う人の采配次第。いきなり自分で剣持って戦えって言われても斬られて終わりと言う結末は目に見えている。

今回何例かありました。
即行動に移した方>3日後に結果が出て>1週間後には方向が決まり>迷いなくガンガン売り上げを伸ばしている。普段より忙しい!
行動を躊躇される方>そのまま動かず>もちろんその間の売り上げは止まったまま。妄想だけが先走る。

当然五蘊のループから言うと
決断できない>やらなきゃ結果は出ない>だんだん出来なくなっていく>可もなく不可もなし(もちろんやってないので可も不可もあるわけない)と言う無限ループに落ちるし、
動いてみれば、とりあえずやった>協力者ができた>たとえ失敗しても何かのきっかけが手に入る>勉強できる>ブラッシュアップする とループしていくし、

立ち上がった>新たに修行して新しい商品ができた>仲間ができた>困っていたお客さんが喜んだ>勉強(成長)できた>ブラッシュアップ>新たなる旅立ち
ん?ヒーローズジャーニーになっとるがなwww

ここで重要なのは「やるべきことをやる」ということだろう。

料理屋さんなら「料理」するべきだとおもう。没頭してほしい、専念してほしい、磨きをかけてほしい!

もう一つ言えば「楽しんでほしい」である。この苦境を自分の好きな道の研究ができる期間として考えれば楽しくて仕方ないはず。
動けば必ず協力者(味方)は現れるし、たとえ失敗しても何かの形でのリターンがあるはず。苦境の中の努力は必ず先で役に立つはず(新必殺技だったり奥義だったりwww)。

事実は小説より奇なり
今こそ立ち上がれ!

どこに相談したらいいかわからない方はお気軽にどうぞ。いつでも相談ぐらい乗りますよ!うちじゃどうしようもないこともあるけど。相談ぐらいは無料ですよ。ZOOMでもLINEでもFACEBOOKでも大丈夫ですよ^^、友達申請してくれたらOKです。

話してるうちに何か突破口が見えるかも!

ちなみに僕の「何を」する?は自分の持ってるスキル、アイデア、人脈を駆使して困っている人をサポートする事。みんなで乗り越えようぜ!

===============ひとりごと===============

例えば オンラインでテレワークしたいけどやった事ないしできないとか。

これ、実はコロナだけじゃなく、通常「風邪引いたから休みます」って言われたけど結構重要な会議の時だったりとか、わざわざ出てこいと言うとパワハラと言われるし休む方も休みにくい。が、これに慣れておくとその時間だけオンラインで会議に参加してくれれば……

そんな使い方もできるのではないでしょうか?そもそも会社に出勤するのが普通から、在宅ワークが普通にする方が効率のいい仕事もあるのではないでしょうか?

会社としては「ハラスメントの機会の減少」や「交通費の減少」「通勤におけるタイムロス」通勤時間を子どもを送り出してからきっちり定時から仕事できると思うと相当メリットあるんじゃないですか?

従業員としてはそのテレワーク時間をタイムカードがわりに賃金が支払われるとすると、休んでも仕事できるし、プレッシャーなくゆっくり休める。

旅行行くから休ませてって休んでも「ここだけはごめん」て旅行先から朝1時間でも会議に参加してもらったら、作業効率上がりませんかね??

学校がテレビやオンラインを取り入れ出した。これがいい例で、世の中にはどうしても学校に行けない子がいるのだ。そういう子はオンラインで参加させるという選択肢も今後出てくるのでは?ある意味ものすごい転換期なのかも!

事業案内

PAGE TOP